アトランタに住むある家族とその周りでの日常です。


by atlanta-keh

<   2013年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧


私がアトランタに移り住んだのは1991年の晩秋のころ。
もうそのころから一人の日本人車修理屋さんがいて、
電話一本で修理道具を自動車に大量に積んでやってきて
職場やアパートの駐車場で修理してくれたものだ。
日本語も通じるし修理代も割と安かったのでたいそうありがたかった。
その人の事がたまたま先日話題になったのだけれど、
田中さんとおもっつていたそのおじさんは、じつは別にケン・エトーという
本名があって、シカゴ(アメリカ)では東京ジョーと呼ばれる
日本人唯一のマフィアの幹部だったというのだ。
ある事件をきっかけに東京ジョーは仲間のマフィアに命を狙われることになる。
頭に3発の銃弾を受けながらも奇跡的に一命を取り留めたジョーは
FBIの保護下のもとマフィアとそれにつながる人々の犯罪を暴露していったのだ。
それによって壊滅的なダメージを受けたシカゴマフィアであったが、
その後のケン・エトーは偽名を名乗りながら晩年をアトランタで過ごしたのだ。
それでも私の知る限りアトランタで過ごしたころの東京ジョーは
車修理の田中さん以外の何者でもなかった。
そう考えてみると結局人は誰もが己の中に善と悪とを兼ね備えているのだから、
一時代に悪の部分が抜きん出てしまっつた彼のことをとやかく言うつもりは
私にはありません。
だからこの映画がマフィア時代と裁判記録などのドキュメンタリー映画だとしても
2004年にその激しい生涯を終えられた東京ジョーは私にとっては
車修理の田中さん以外に他ならないのです。
e0192702_20353537.jpg
アトランタの夜景Olympus E-300で撮影。
くしくも東京ジョーが亡くなった2004年に発売されたこのカメラ、
中古ではなんと80㌦ぐらいで買えるんだ。まだまだ使えるのにね。
誰も使わないなんてもったいない話よ。本当はこれで充分なんだ。
[PR]
by atlanta-keh | 2013-03-05 13:36 | Comments(0)